粉瘤の治療は土曜日、日曜日でもできますか?

2018年01月27日

粉瘤は皮膚にできる袋状のできもので、よくある皮膚のできものの1つです。

治療としては、粉瘤はできものですから、手術してとりだすことが治療になります。

手術の傷跡を小さくしたいので、治療としては、くり抜き法や小切開による治療をおこなっています。

ただ、繰り返し炎症や化膿したことがある場合には、くり抜き法ができない場合もあります。が、小切開による治療で対応しています。

 

化膿しているときには、通院ができれば、切開とともに摘出も行って治療すると、炎症も早期に改善するのと、粉瘤もなくなり、おすすめです。

但し、この治療は、初回の炎症時しかできないので、痛みがある場合には、対応できる医療機関を受診していただくことがおすすめです。

当院は、土曜日も日曜日も診療していますので、週末しか受信できない方も対応しています。(痛みがある方は翌日の診察が必要なことがありますので、週末限定の方は土曜日の受診がおすすめです)

 

痛みがある場合には、放置せず、外科的処置をおこなってもらえる医療機関を受診されてくださいね。

http://nido-nagoya.com/cms/dermatology/atheroma/

タグ: , , , ,