眼瞼下垂

眼瞼下垂とは、まぶたの開きが悪くなって、まぶたが下がっている状態です。
加齢、筋力の低下、コンタクトレンズ等の刺激により、まぶたの開きが悪くなります。

症状

まぶたの開きがわるいために、目が開けづらい、目が重たい、おでこにシワができる、等の症状がでます。
頭痛や肩こりの原因になることもります。

治療

治療は手術になります。

まぶたの開け閉じをする筋肉である、眼瞼挙筋の腱膜を修復する手術します。
眼瞼挙筋腱膜の固定や、眼瞼挙筋の短縮をおこなうことで、まぶたの開きを改善させます。

生まれつきの眼瞼下垂の場合には、まぶたを開ける機能がほとんどない場合には、眼瞼挙筋の手術だけでなく、筋膜移植による手術を要することもあります。

費用

眼瞼下垂の手術は、健康保険の適応になります。