老人性いぼの治療

2018年03月02日

年齢とともに、茶色いしみが顔に増えてくることがありますが、しみにはいろいろと実際は種類があります。

その中で、老人性いぼとよばれるシミ(脂漏性角化症)については、厚みをもって、黒く盛りあがってくることがあります。

 

いわゆる、市販のイボの飲み薬と言われる「ヨクイニン」はまったく効果がありません。

 

治療としては、液体窒素治療やレーザー治療によって、イボそのものを除去する治療が必要になります。

液体窒素においては、1回で取り切れないことがあることと、治療後に色素沈着を生じる確率があることから、当院ではレーザーによる治療を行っています。

 

治療後洗顔はできますが、治療した部分は傷の状態ですので、数日治療を行っていただきます。とはいっても、傷の部分に湿潤療法で治療するものを貼っていただくだけです。でも、それでとてもすみやかに治ります。

 

http://nido-nagoya.com/cms/menu/mole-removal/

タグ: , , ,